2020.6.21.今日は、部分日食です!(京都は、曇天でした!)

2020/06/22

2020.6.21.今日は、部分日食です!(京都は、曇天でした!)

2020.6.21. 6:16 日食当日の早朝の日の出です。
快晴の青空で、期待大です。

2020.6.21.部分日食
 京都 食の始め  16時06分34秒
    食の最大  17時09分58秒
    食の終わり 18時06分54秒

食の始めの太陽の位置が分からないので、マンションからと、大型スーパーの屋上の2か所からスタンバイする事にしました。

2020.6.21. 15:50

2020.6.21. 16:36

2020.6.21. 17:06

2020.6.21. 17:57

残念ながら、日食の時間は曇り空で、太陽は見えるのですが、輪郭が見えづらいです。撮影は、Nikon coolpix P1000 の出番は無く、画像は、iPhone での撮影分です。

2020.6.21. 19:28

 今年は、曇天のため日食の撮影は出来ませんでした。
 次に国内で部分日食が起こるのは2023年4月20日(金環皆既日食)ですが、見ることが出来るのは九州南部や沖縄など一部地域のみとの事です。出来れば、撮影に旅行出来ればと思います。
 また、その次となると、2030年06月01日!何とも言えません。

 鳥取の友人からは、よく見えたと連絡があり、日本海新聞の記事を送ってくれました。鳥取では、綺麗な日食が見られたようです。

2020.6.20.明日は、部分日食!

 明日は、部分日食です。初めての撮影を試みようと準備を開始します。
カメラには、フィルターを付けないと、故障します。しかも、ND100000 という太陽撮影専用と言えるフィルターが必要です。前日だけど入手出来るか?
 ヨドバシカメラ京都、ビックカメラ京都、カメラのキタムラ(電話)全て在庫なしでした。皆さん、早くから手配されているようです。ネットでは間に合いません。そこで、一度在庫の無い事を確認済のビックカメラ京都に再度電話し、予約在庫(1個確認済)にキャンセルが出ていないかと問合せました。
 結果は、キャンセルは出なかったのですが、開き直って「どうにかして日食を撮りたいが方法はないか」と提案を求めますと、「複数のフィルターを使用すれば可能」と回答をくれました。具体的な方法を聞くために、再度、ビックカメラ京都へ行きました。ND100000 となると、太陽撮影専用になってしまい、日食で撮影すると、他での利用用途は無い製品。次回の、2023年4月20日まで出番はありません。担当者は、親切な方で、基本的なフィルターの仕組みや、いろんな組み合わせを教えてくれました。
 その結果、総額は、かなり高くなってしまいましたが、他の場面にも柔軟に対応可能の製品の組み合わせになりました。
 ビックカメラ京都の担当者(Bさん)に提案して頂いた組み合わせを購入する事にしました。少し高価になりますが、可変式の商品情報は知らなかったです。日食専用になってしまうのは勿体ないですし、他の活用も可能になるので、アドバイスしてもらって良かったです。

ビックカメラ京都
・一枚目
 マルミ光機 MARUMI
 77mm CREATION VARI ND2.5-ND500
 メーカー価格 33,000円(税込)
 26%引き 8,580円引き
 ビック特価 24,420円 (税込)   

・二枚目
 ケンコー・トキナー
 KenkoTokina 77mm PRO ND500 フィルター
 メーカー価格 13,200円(税込)
 54%引き 7,180円引き
 ビック特価 6,020円 (税込)

 日食撮影には、NDフィルターは必須品ですが、カメラリモコンも必要との事で、最初に行った、ヨドバシカメラ京都店で、購入しました。

ヨドバシカメラ京都
・カメラリモコン
 ニコン NIKON ML-L7 [デジタルカメラ用 Bluetooth リモコン]
 参考価格: ¥4,950
 価格: ¥3,520(税込)(参考価格より¥1,430の値引き)

以上、日食前日に用意出来ましたが、予想以上の出費になってしまいました。
・ML-L7 3,520
・Kenko PRO ND500 6,020
・MARUMI 77mm CREATION VARI ND2.5-ND500 24,420
33,960

使用予定カメラ
・Coolpix P1000

Nikon coolpix P1000
・購入 カメラのナニワ京都店
 2018.3.18. ¥102,001

国立天文台から、「日食を観察する方法」が案内されています。
https://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/obs.html

京都, 写真