おもてなしプラン「妙心寺!」

2019/02/13

2016.10.13. 「梵燈(ぼんとう)のあかりに親しむ会」

おもてなしポイント
・妙心寺の塔頭めぐり
・妙心寺塔頭・東林院 の「梵燈(ぼんとう)のあかりに親しむ会」に参拝。

開催日 10月13日(木)
集合   15:30 JR花園駅前
時間   15:45
参加 6名

15:45

 〇妙心寺
  臨済宗妙心寺派の大本山です。広大な敷地には46の塔頭寺院が立ち並び「雲竜図・日本最古の名梵鐘・明智風呂」など、多数の見所があります。
  京都市右京区花園妙心寺町64  
  https://www.myoshinji.or.jp/ 

 〇妙心寺 桂春院(けいしゅんいん)
  桂春院 “侘びの庭”. “桂春院” は 1598年(慶長三年)に織田信長の孫に当たる津田秀則によって創建された “妙心寺塔頭” のひとつです。
  京都市右京区花園寺ノ中町11
  075-463-6578

 〇妙心寺 大心院(だいしんいん)
  妙心寺塔頭。1492年(明応1)細川政元が景堂和尚を開山として創建。本堂の南庭は’切石の庭’と呼ばれる。大書院前の’阿吽(あうん)庭’は枯山水庭園で、白砂、奇岩、苔で竜がまさに天に昇ろうとする姿を表現しているという。
  京都市右京区花園妙心寺町57 
  075-461-5714

16:30

 〇妙心寺 退蔵院(たいぞういん)
  国宝「瓢鮎図(ひょうねんず)」(模本)や史跡名勝・枯山水庭園「元信の庭」で有名。
  京都市右京区花園妙心寺町35 
  075-463-2855

  http://www.taizoin.com/

18:00

〇妙心寺塔頭・東林院(とうりんいん) 
 妙心寺の塔頭の一つ。樹齢300年の沙羅双樹の銘木で知られる。通称は沙羅双樹の寺。 
 ※通常非公開 特別拝観あり
  1月「小豆粥で新春を祝う会」梅湯茶礼・小豆粥と精進料理 3,700円
  6月「沙羅の花を愛でる会」お抹茶付1,580円 お抹茶と精進料理付 5,570円
  10月「梵燈のあかりに親しむ会」

  京都市右京区花園妙心寺町59 
  075-463-1334

  https://kyoto-design.jp/spot/2807

 「梵燈(ぼんとう)のあかりに親しむ会」(10/7-16) 
  https://www.travel.co.jp/guide/article/13409/

19:00

〇宴会(お寺のホテル 花園会館内)
 花ごころ
 京都市右京区花園木辻北町1-5
 075-467-1666
 会席宴会コース 6500円(飲み放題付)
 19:00~

 今回は、妙心寺です。

「梵燈(ぼんとう)のあかりに親しむ会」
照明は、LEDではなく、すべて、蝋燭の炎のみ。お茶をたてていただき、庭を見ていると時のたつのを忘れてしまいます。